給付制度で大型免許を取得

12月 2nd, 2016 - 

教育訓練給付制度厚生労働大臣指定講座とは、厚生労働省によって給付金の対象制度として選ばれている教育や訓練の講座のことです。毎年指定される講座が発表され、医療から工業まで幅広い分野が対象となっています。この指定された教育訓練の講座を受講して、一定の知識とスキルを身に着けて修了した学生に対しては、その講座を受けるために受講した本人が支払った代金の一部を支給してくれるシステムになっています。
この指定講座は、厚生労働省が雇用機会の安定と、労働者の就職促進を目指して進めている制度のひとつです。分類しては、雇用保険の給付制度のひとつとみなされます。教育訓練にかかった経費の一部を給付することによって、資金的に経費の支払いが難しい労働希望者のサポートを行い、就労のチャンスや志望を叶えやすくすることで、社会全体の経済や労働の環境を安定させることが可能になっています。教育訓練の指定講座は、一般教育訓練と、専門実践教育訓練のふたつがあり、具体的な内容はもちろん、期間や場所も全国各地で幅広くなっています。

給付制度を利用するには

教育訓練給付制度の給付金は、講座を修了したあとに申請することで、ハローワークから受講者に支払われるシステムになっています。給付されるのは、受講者が支払った経費の一部であり、その金額は脅威訓練の内容や条件によって異なって来ます。
大型免許の場合は、教育訓練にかかった費用の最大で20パーセント、金額にして10万円までを受け取ることが出来ます。給付されるためには、被保険者として1年から3年まで働いていた在職者か、離職者であっても雇用期間が1年から3年あり、離職から1年以内に講座を受講している人です。また、過去に給付金を受け取っていたことがある人は、3年以上経過していなければ給付対象にはなれません。
給付制度を利用するためには、まず事前に指定の講座に申し込んで、受講料を支払っておく必要があります。給付金はあくまで講座を修了したあとに一部支払われるものなので注意してください。
支給要件を照会するためにハローワークに行って回答書を交付してもらい、講座を受けて免許を取得したら、証明書と領収書を発行してもらって、ハローワークに持参し、給付金の申請書類を提出する流れです。受講後一か月以内に申請をするのを忘れないようにしましょう。

大型免許を取得すると

大型免許を取得することによって、大型自動車や中型自動車など様々な車種を運転することが出来るようになります。大型免許を持っているだけで、ドライバーとして活躍できる現場はぐっと多くなります。アルバイトの現場も増えるため、様々な将来の選択肢を手に入れられると言っても良いでしょう。もちろん、中型ドライバーよりもこなせる人材の数が減りますし、専門性も高い仕事ですから、報酬や待遇も良くなりやすいです。そのため、ドライバーとして働いていて、大型ドライバーにステップアップあるために免許取得にチャレンジする人も少なくありません。
大型ドライバーとして働く場合、実際の仕事内容をよく確認することは重要です。同じ小距離の大型トラックのドライバーであっても、積み下ろしがあるかないかで、運転している時間や仕事の内容は変わって来ます。より運転だけで働きたい人は、積み下ろしがない現場の方が適しています。一定の決まったルートの運転をしたい人は、様々な施設の送迎ドライバーや、ルート配送や回収のドライバーが向いています。

準中型免許とは

12月 1st, 2016 - 

準中型免許とは、平成29年から登場する予定の新しい運転免許区分です。運転出来る車両は、普通免許であれば現在は5トン未満ですが、制度が改定されることで3.5トン未満になります。そしてこの準中型免許であれば、3.5トンから7.5トンまでのトラックを運転することが出来ます。18歳以上であればだれでも取得することが出来るのが準中型免許の大きなポイントです。これまで、同量の中型トラックの一部を運転するためには、普通免許を取ってから2年間経過していないといけませんでした。20歳以上でなければ取得できないため、ドライバー制限で苦労している人もおり、中型トラックを運転したい人にとって、タイムラグがあったのです。しかし、その時間を節約して、初めて運転免許取得にチャレンジする人でも、いきなり中型トラックの一部が運転出来るようになったのです。準中型免許が登場したことで、運送業界における人材不足や雇用機会の増加が見込まれているというわけです。

準中型免許で運転できる車両

準中型免許を取得いることによって、これまで所謂「中型トラック」として分類されていた一部の自動車が運転出来るようになります。法律上の規定としては、準中型免許があれば、最大積載量は4.5トン未満のトラック、車両総重量は7.5トン未満のトラックが運転出来るようになるというわけです。大型貨物トラックと、中型貨物トラックは運転することが出来ないため、厳密に言うと中型トラックのすべてを運転出来るわけではないのですが、「2トンショート」や「2トンロング」として製造されているトラックや、「2トンワイドロング」なども運転出来ます。更に、ゴミ収集に使用される「パッカー車」や、総重量が5トンを超える「小型消防車」なども、改定後は普通免許では運転することが出来ませんが、準中型免許であれば運転することが可能です。クレーンを装備した「ユニック車」や、高所作業用の架装がある作業車、水のタンクなどが搭載された散水車などにも対応出来ますし、断熱装備などがあるため総重量が重くなりがちな保冷車なども運転可能ということです。

免許制度が改正にともなう変化

平成29年に免許制度が改正されることによって、普通免許で運転出来る自動車の範囲が変わって来ます。これまでは、普通免許を取得していれば、最大積載量3トン未満、車両の総重量が5トン未満までのトラックは運転することが出来ました。しかし、新しい免許制度が導入されることによって、普通免許で運転出来る最大積載量は2トン未満、車両総重量は3.5トン未満に制限されることになります。取得の年齢制限である18歳以上という条件は変わりませんし、免許取得に必要な勉強や技術の内容も同様です。

これまでの普通免許であれば、2トン貨物トラックや、2トントヨエースなどの自動車を運転することが出来ましたが、改正後は総重量が規定を超える設計になってしまうため、運転することは出来なくなってしまいます。新しい普通自動車免許の区分内であれば、新普通貨物車両と呼ばれる自動車が運転できます。市販されている軽トラックの部類のひとつであり、最大積載量が2トン以内のものであれば問題ありません。

国際免許証を取るために。

12月 1st, 2016 - 

海外で車を運転するためには、まず国際免許証を取得する必要があります。ただし、これは一部の例外を除いて、ジュネーブ条約に基づいた有効な国のみ適用可能です。これは、日本の運転免許保持者であれば住民票のある運転免許センターや各都道府県警察署の運転免許課、運転免許試験場などに行って原則本人が申請します。本人が海外渡航中の場合に限り、本人との関係が明確な親族等が代理申請できます。窓口の受付時間内に赴いて、申請書類を記入し、必要なものを持っていけば発行してくれます。運転免センターや運転免許試験場では即日発行が可能です。警察署では約2週間かかります。別途有料で郵送もしてもらえる場合があります。また、有効期限は日本の運転免許証の有効期限内または発行日から1年間です。免許停止処分中または停止処分予定の場合は取得できませんのでご注意ください。運転できる自動車等の種類も日本で持ってる免許の種類によって異なります。

国際免許の取得について

国際免許証を取得するためには、まず有効な日本の運転免許証が必要です。それに、国外運転免許証交付申請書(運転免許センターや各都道府県警察署の運転免許課、運転免許試験場にあります。)、(写真(縦5㎝X横4㎝ 無帽、正面、無背景で申請前6か月以内に撮影されたものに限る)1枚とパスポート王や船員手帳等の渡航を証明するものが必要です。以前に国際免許証を取得したことがある場合は、古い国際免許証を返納してから申請します。その他、手数料が2,400円(都道府県により変更あり)と警察で手続きして郵送で送ってもらう場合には郵送料として1,000円が別途必要です。写真は原則持参になりますが、免許センター等、ところによってはその場で撮れる場合もあります。サイズが違うと受け付けできないので注意が必要です。また、渡航を証明するものもコピーではなくオリジナルが原則必要となります。(都道府県により異なる場合があります。)

海外で車の運転

国によっては道路標識が若干異なっていたり、日本よりルールが厳しい場合もあります。現地でレンタカーを借りて運転 する場合はそのレンタカー会社の受付の際、確認することができます。この場合は語学力が必要になる場合があります。また、事前に日本である程度下調べしていく場合は、旅行のガイドブックにも交通ルールが多少載ってますので参考にはなります。その他、JAFでは海外サポートと言って、海外でのシートベルトの着用やチャイルドシートの使用義務、めずらしい道路標識を集めたものや、ヨーロッパでの最高速度を国別、車種別に明記してますので参考にできます。

短期の旅行での利用なら、個人のブログや旅行総合サイト、旅行会社のサイト、NAVERまとめサイトをチェックするのもわかり易いです。国によっては人ではなく、車や牛が優先だったり、踏切での一旦停止が禁止されている国もありますので交通マナーについても併せてみておくとよいです。

運転免許の種類

2月 13th, 2016 - 

合宿免許ではどんな運転免許が取得できるのか、それはそれぞれの教習所によって違いがあります。

では運転免許にはどんな種類がありますか?運転免許には、第一種運転免許、第二種運転免許、仮運転免許の3つに分けられます。

(さらに…)